タフなエンブロイダリー|Tシャツの作成が可能|仲間意識が深まる1着

Tシャツの作成が可能|仲間意識が深まる1着

婦人

タフなエンブロイダリー

刺繍

強度が必要な物に最適

ユニフォームのポロシャツに団体名や名前を記入しようとする場合、プリントにするか刺繍にするか迷うことがあります。どちらを選んでも間違いではありませんが、使用目的や期間によっては向き不向きも考えられます。もし短期間しか使用しないポロシャツであれば、プリントでも一向にかまいません。ただ長期間使用したり、何度も洗濯をする可能性があるポロシャツなら強度の高い刺繍を採用するべきといえるでしょう。刺繍はプリントに比べて耐久度もあり、繰り返しの洗濯にも耐える性質があります。それだけでなく高級感があり目立つので、団体名や名前を入れるにはプリントより向いている方法となっています。ポロシャツとして何度も着る予定があるなら、刺繍で縫いとめた方が強度的にも安心です。長く愛用する物なら、少々お金をかけてもタフさを重視した方が買い替える必要も少なく結局はお得となるでしょう。

使い方に注意

ポロシャツに刺繍する際は、使える色やデザインに制限があるので気をつけましょう。特にイラストを刺繍におこす場合は、表現できない色や形もあるので打ち合わせは入念に行うべきです。また刺繍は、プリントよりもコストが高いことがほとんどです。普通にプリントするだけであれば、注文数に応じて金額が下がっていきます。それなのに刺繍では、その常識が当てはまりません。そのため大部数で発注する際は、コストに気を付けて注文しなければいけないでしょう。それにいくら洗濯に強いとはいっても、どうしても洗濯を繰り返していくうちに糸のほつれが出てきます。刺繍にほつれがみられた時は、その箇所が小さいうちに補修しておく必要があるでしょう。